二重整形でコンプレックス解消|口コミで新しいアナタが誕生

笑顔の看護師

施術の方法

顔に注射を注入する様子

多くの人が美容クリニックで、受けている目を二重にするプチ整形には3種類の方法で行われています。そもそも、二重といっても様々な種類があるためそれにあった方法で二重にするプチ整形を行っています。整形というぐらいなので、メスを使うのかと心配をする人もいるでしょう。二重まぶたにするための施術方法にはメスを使う方法とメスを使わずに二重にするほうほうがあるのです。それぞれの特徴を理解してどのような施術が自分にあっているかを知ることが施術を受ける前に大切になります。大きく分けて、二重まぶたのプチ整形は2通りの3種類存在しています。メスと使わずに行なう埋没法という方法で二重を作る方法です。これの大きな特徴なのはやはり、メスを使わないことで切開をすることがないということでしょう。医療用の糸を使って二重を作っていくという技法です。そのため、手術時間も非常に短く短ければ片目5分から10分前後で施術が終わります。痛みが少く、施術後の腫れも小さいく、手術の安全性も高くなっていて術後長くて3日でアイメイクを行うことが出来ます。何も問題がなければ翌日からアイメイクをすることも可能になっています。しかし、注意が必要なのはこれは永続的な効果が期待できません。時間が経つに連れて元に戻ってきます。ですが、それを利用して埋没方法の施術法であれば、何度でもやり直すことが可能です。自分の気に入った二重にならなければ時間を置いてまた施術を行ってもらえるのが特徴でしょう。

切開して二重まぶたを作る方法が、部分切開と部分切開法になります。切開法というぐらいなのでメスを使って二重を作るのがこれらの方法になりますが、埋没法と違い大きな特徴なのが一度その二重を作ると永久にその二重を維持できるということでしょう。施術時間も長くて30分と短く、埋没法と違いさらに女性にとって嬉しい事が目のたるみが取れるということでしょう。目のたるみは様々なことが原因でたるんでしまいますが、切開と同時にたるみを解消する施術も行なうため二重と同時にさらに若々しいくすることが出来ます。しかし、メスと使い切って二重を作るため長くて2週間ほどの腫れや痛みがあるので注意が必要です。このように、施術方法によって効果や得られる副効果が全く変わってきます。利用する際には情報を集めてどのように目に施術を施すか考えておきましょう。一度行ってしまうとこれは取れないのが特徴です。埋没法と切開法をうまく使い、どのような二重にするか決まるまでは、埋没法法で行って気に入った二重があれば切開方法という使い方も多くの人がやっていると言われています。

二重へのプチ整形は、様々なメリットが存在しています。しかし、実際にその利用者の声というのを聞いてみたいものです。そこで、インターネット上にある口コミ掲示板などを利用すると良いでしょう。美容関連の口コミ掲示板は、様々なプチ整形に対する施術を行った利用者の意見を聞くことができる貴重な場所です。口コミ掲示板を利用することで、意見を交換することも可能です。整形に対する不安や悩みがあれば、医師に相談することも大切ですが施術を受けたことある人の声を参考にまずは考えてもいいかもしれません。口コミ掲示板を上手く利用して失敗しない整形を行ってもらいましょう。